教育支援員の備忘録

生徒主体の学校づくり

2019-06-25から1日間の記事一覧

集団討議の方法

集団討議の前提となるものは、「人が構想し、形にする事」である。そこで成すべき事は、多様性(他者理解)の中で、集合知化された情報を理解できるように、論理(思考の形式や法則)を設計し、可能性を提案する事である。いくら本を読んだところで、そこで…

変化への対応

「待てよ、こんなことは前に一度あった。」という気がする。どういうことか良くわからないが、確かあったという気持ちである。決断の中にはいつもその判断に賛成している部分と反対している部分の矛盾したものが存在している。 世の中の動きは、一刻も止まる…