教育支援員の備忘録

生徒主体の学校づくり

自己啓発の目標

f:id:chesha02:20190604000544j:plain

 

「君が為尽くす心は水の泡 消えにし後は澄みわたる空(岡田以蔵)」

 

高度成長期ならば本業一筋でも市場の拡大が望めました。必要とされる人材とは、目標到達能力に優れてさえいれば十分であり、個性や感性といったものは求められず、いかに組織的、効率的に目標に到達し得るかが重要でした。

 

しかし、今は新規の分野を開拓しなければならない時代です。目標は不明確になり、何をすべきかを考えていくには問題提起能力なり目標選択能力が重要になります。各人の個性や感性を取り込んでいかないことには生き残れないのだから、命令されたとおりに行動できないない画一的なタイプは必要とされません。

 

先行き不透明な時代とは、平時ではなく有事だということです。当然、人材も有事にふさわしい人物が必要となります。自分の培ってきた過去の成功事例で物事を推し進めようとしても、新たな失敗を繰り返すだけです。新しい時代の人材には、先見性、判断力、決断力が求められます。

 

1 経験豊富なベテランは仕事に自信を持っており、下命事項に対してすぐに状況を調べて過去経験に照らし合わせて適切に処理するが、経験則範囲外の手法では「不可能」と諦めやすい。

 

2 下命事項そのものに経験はないが、ちょっとのことでは妥協しない性格から苦労しながらでも目標を達成する。

 

3 創意工夫を凝らし真剣にぶつかればなんとかなるとの自信があり、能力開発と教育ができるが、慣れるまでの期間をどれだけ取れるかは下命事項の緩急による。

 

4 自分の行為を正当化するのではなく、法令、社会の常識に沿って立案する方法を考えられる説明責任がある。

 

5 適時適切に業務の進捗状況を検証しながら前例に固執しない業務改革に努める。また、マンネリと見えたら未経験の業務を取り入れて能力を開発させる。

 

組織運用の目的がどの様に発展するかを判断する為には、「できる、できない」ではなく、「何をすべきか、どうすればできるか」を考え、任務に対する認識の統一を図る必要があります。

 

アムステルダムの女子修自館の扉に掲げられている言葉。「なんじ恐れるなかれ。我が手は嚴けれど、我が心は愛に満ちてり。」

確固たるイデオロギーを信じていればその目標の元に団結する強みがあります。しかし、自由主義国家(SNS)では、信ずるものがなく価値判断が多様で不安定です。この乱れやすい社会と安全を守るために、自分の仲間内でしか通用する言葉しか使えないことは恥ずかしいことです。

 

失点主義でも功績主義でもなく、トライ・アンド・エラー、試行錯誤なく過つことに固執して、自分は誤っていないと言い張るリーダーは、失敗を塗りつぶすのが大変上手であったり、責任を転嫁したり、時には過ちを押し付け、なんでも満遍なくしたような顔をしている至極卑怯なダメ人間だということです。

 

こういう人間が会社で出世するとかしないとかということは抜きにした話ですが。